12月31日の当番医

とうとう、12月31日に当番医が回ってきてしまった。
開業後初めての経験。
当院は、今年は28日まで診療し、29日、30日とお休みだったが、29日も朝8時頃から病院の電話が鳴っていた。
「31日は診療しますので、29日・30日は勘弁してください!」
と、心の中で勝手に叫びながら、申し訳ないが、病院の電話は無視させてもらった。

そして、迎えた今日。
やっぱり込むんだろうなあとちょっと憂うつな朝を迎える。
予想通りで、まるで、花粉症最盛期のような繁盛状態!
1時までかかって、70人くらい診させていただいた。
午後も、結構患者さんは多く、全部で104人!
やっぱり長期の休みは行き場が無くて困っている患者さんは多い。

入り口を閉めて、片付けをしていて、約30分後、
「お疲れ様。来年も宜しく。」
とスタッフに挨拶した瞬間に病院の入り口のインターホンが鳴る。

診察依頼だった。
断りたい気分だが、そうも行かず、応じる。

「仕事が6時までだったので、終わってから来たので、こんな時間になってしまいました。」

(うちも仕事は、6時までなので、時間が来たら終わりたいんですけどね!なぜ、当院があなたの都合に合わせて診療を行い、大勢のスタッフに残業させなければいけないの!)

と、嫌みのひとつも言いたいところ。
勿論、急患はこの限りではない。
でも、この方、症状は数日前からあり、今日も普通に仕事を勤めることが出来る状態なので急患ではない。
でも、もう、閉めてしまった入り口のインターホンを押すのは結構勇気がいっただろう。

この、本日105人目の患者さんが今年最後の患者さんでありますように。

では、後半かなりサボってしまったブログですが、来年もたまには更新するつもりですので、宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by InTheEar1 | 2006-12-31 21:01 | 診察室


<< トホホな1年の始まり 私を誰だと思っているの! >>